ソムリエの宅急便 ワインの通販ショップ「セレクト」

低価格帯の家飲みワイン・ギフトワイン各種ご用意しております。

HOMEワインコラム ≫ テーマ「ワインの魅力①」 『ワインの奇跡』 ≫

店長の「気まぐれワインコラム」

テーマ「ワインの魅力①」
『ワインの奇跡』

0000471159.jpg
初回のコラムという事で、私が過去に体験し、最もシビれた「ワインの奇跡」についてお話したいと思います。

もう10年以上も前の事になりますが、今でもあの時の感動は忘れられません。
あるレストランに食事に行き、ワインと料理を楽しみました。

ワインは、「CHATEAU BEAU-SEJOUR-BECOT シャトー・ボー・セジュール・ベコ 1986年物」。名前は長くて一度聞いただけでは覚えづらいと思いますが、フランスはボルドーのサン・テミリオン地区の第1級Bの赤ワインです。
料理は、「エスカルゴのブルギニョンバター焼き」でした。エスカルゴはフランス料理では定番の「食用のカタツムリ」で、ブルギニョンバターは「パセリ、ニンニク、バター」を使った万能ソースです。

そのワインと料理を一緒に食した時、、私の中で「ズドーン!」と雷が落ちました!
ワインも料理も何倍にも美味しくなり、まさに「ワインと料理の奇跡のマリアージュ」!!
ごく一般的な、「このワインと料理合うね!」というレベルでは無く、「なんでこんなにワインも料理も美味しくなるの??」というレベルです(笑)
(伝わりづらいでしょうか。。)

ソムリエの観点から分析すると、
①1986年の赤ワインでその当時で約20年熟成している⇒シルクのような非常になめらかな舌触りを持っている
②このワインはメルロー種を70%使用している⇒熟成すると「完成された旨み」を備える。
大きくはこの2点が、食材である「エスカルゴ」の食感やバター風味のソースの舌触りと絶妙な相乗効果をもたらしたと感じます。

私個人的には、ワインと料理を合わせる際に注意する事は
①色 ②風味 ③質感 ④酸
を注意しながらワインと料理を考えます。
この時は、質感と酸の2つが上手く合わさった結果だったのでしょう。

正直、この時は偶然起こったマリアージュでした。
意図して合わせた訳ではありません。
(メインのお肉とワインを合わせたいと思っていましたので)

私は、ワインを愛飲されている全ての方に、「ワインの奇跡」を体験して頂きたいと思っています。
20年熟成したワインだから起せた奇跡とは考えず、カジュアルなワインでも十分に体験できる事だと思っています。
私自身のこれまでの経験と知識、そしてこれからの日々の努力によって、皆様に「ワインの持つ魅惑の世界」をお届けできればと思っています。


モバイルサイト

ソムリエの宅急便 ワインの通販ショップ「セレクト」スマホサイトQRコード

ソムリエの宅急便 ワインの通販ショップ「セレクト」モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!


12月定休日のお知らせ
毎週水曜日
当サイトご利用に際して
未成年者の飲酒は法律で禁じられています。
当店では二十歳以上の年齢であることを確認できない場合にはお酒を販売いたしません。